お役立ちコラム

コラム詳細

  • 葬式の準備
  • 葬儀の豆知識

家族が亡くなったとき、まず行うことは?

人間、いつかは必ず迎える「死」。予期していたにせよ、急に亡くなられたにせよ、その時がきたとき遺された家族は、何をどのように対処すればいいのでしょうか。

医療が発達し、病院で亡くなることが大半を占めるようになりましたが、場合によってはご自宅、外出先で亡くなるケースもあります。亡くなった場所、状況によってその後の対応の仕方が違ってきます。

今回は、「ご家族に不幸が起こったときどうすればいいか」、「気を付けておきたいこと」について解説していきます。

ご自宅で亡くなった場合

 ご自宅で亡くなった場合には、療養中に亡くなったのか、それとも事故、突然死なのかでその後のご家族の対応が変わってきます。場面別に解説していきましょう。

◆療養中にお亡くなりの場合
 在宅医療が進み、自宅で亡くなる方もいらっしゃいます。
自宅でご心配な状態になられた場合、まずは、かかりつけの医師に連絡をして診断をしてもらいます。そして死亡を確認したら、医師が「死亡診断書」を書いてくれます。お受け取りになられたら、一柳(葬儀社)へ連絡してください。お体の手当て(ドライアイス等)をします。

またご自宅で療養中でも、気が付いたらすでに亡くなっていたというケースもあります。その場合は、のちのちのトラブルを防ぐためにもまず警察に連絡しましょう。事件性がないと判断されたら、かかりつけ医に連絡、死亡診断書を発行してもらいます。

※気を付けること
「死亡診断書」は死亡届の提出や、年金・生命保険などの手続きに必要になります。
役所に提出すると返却されませんので、多めにコピーを取っておきましょう。

◆事故死・突然死
 予期しないケースとして、事故や突然死があります。
これらの場合は、まずは警察に連絡します。検視を行ったあと、警察医が「死体検案書」を発行してくれます。

※気をつけること
自宅で突然お亡くなりになった場合、気を付けなければいけないことがあります。それは「ご遺体を動かせない」ことです。亡くなった状態のままにしておかなければなりません。お風呂、トイレで亡くなっていて、「そのままではかわいそう」といって服を着せたり、ふとんに寝かせたりしてはいけません。事件性を疑われてしまうことがありますので、警察の到着を待ちましょう。

まれなケースとして「旅先」で亡くなられる場合もあります。その場合は一柳(葬儀社)にご連絡下さい。「警察には連絡しましたか?」「検案書はもらいましたか?」など、状況をお伺いし、その状況に応じた今後の対応をアドバイスいたします。

病院で亡くなった場合

医療の発展にともない、病院で亡くなるケースが大半を占めるようになりました。
いよいよの時には、医師から「危篤」が告げられます。ご家族は近親者へ連絡しましょう。

その後、ご遺体は病院によって処置(「清拭(せいしき)...ご遺体を拭き清める)が行われますので、この間に親戚や関係先、そして一柳(または決まっている葬儀社)にご連絡ください。ご遺体をご自宅か斎場、ご希望の場所へ安置をするための車を手配し、お迎えに伺います。

◆コロナでお亡くなりの場合
 コロナでお亡くなりの場合、残念ながらご家族は対面することはできません。医師から死亡を伝えられたら、葬儀社に連絡します。亡くなった病院で預かってもらい、火葬許可証の取得をし、火葬するというのが一般的な流れになっています。火葬後、お骨にしてお葬式をすることができます。

※コロナでお亡くなりの方でも死亡診断書(検案書)に「感染性がない」と記載がされている場合は、通常の対応が可能です。(火葬前にお葬式ができますので、故人のお顔を見ることができます)

ご家族が亡くなったとき...

今回は、ご家族にもしものときの対応を場面別で解説しました。大切なご家族を亡くし、パニックのなか、冷静な対処をするのは難しいことだと思います。
「どこに連絡したらいいの?」と焦ってしまうのも無理ありません。ことが起きたらまず一柳にご連絡下さい。

ご自宅で家族に「もしも」があったときは、「お体を動かしてはならない」ということだけでも覚えておくと良いでしょう。

(投稿:2022年4月6日 更新:2022年5月10日)

  • イチヤナギ倶楽部
  • セミナーのご案内
  • お終活のススメ
  • 葬儀のご用命の方
  • 葬儀に参列される方
  • 事前相談をご希望の方

株式会社一柳葬具總本店 365日24時間 TEL:052-251-9296

資料請求

お問い合わせ

  • 供花のご注文
  • 会員・提携サービス
  • イチヤナギ倶楽部
  • 葬祭費用積立制度
  • KKR 国家公務員共済組合連合会 組合員様割引制度のご案内
  • 法人契約一覧
  • お終活のススメ
  • 旅立ちのノート
  • 幻冬舎より好評発売中「だから、葬儀は必要だ」弊社社長 一柳 鎨著
品質マネジメントシステムの国際規格認証取得JQA-QM4191
品質マネジメント
システムの
国際規格認証取得
JQA-QM4191